産経ニュース

【WEB編集委員のつぶやき】「反日・親北」の文在寅政権を生んだズレた韓国、つぶやかずにはいられなかった

ニュース 国際

記事詳細

更新

【WEB編集委員のつぶやき】
「反日・親北」の文在寅政権を生んだズレた韓国、つぶやかずにはいられなかった

文在寅韓国大統領(ロイター) 文在寅韓国大統領(ロイター)

 9日投開票された韓国大統領選で左派系政党「共に民主党」の文氏の得票率は41・08%。「自由韓国党」の洪準杓氏が24・03%、「国民の党」の安哲秀氏が21・41%だった。文氏は40%超の得票で当選したが、残り60%は支持していない。「反文在寅」の一本化には時間が足りなかった。

 熱しやすい民意は「ろうそく革命」に陶酔し、朴槿恵氏を罷免に追い込んだ。監獄送りにした後に、「正気」に戻った国民も多かったが後の祭りだった。このデモも反日の親北左派勢力が主導していたのを忘れてはならない。

 文氏は10日の就任式で行った演説で、朝鮮半島の安保危機について「早急に解決する。朝鮮半島の平和のために東奔西走する」と述べた。その上で「必要なら直ちにワシントンに飛んでいく。北京、東京にも行き、条件が整えば平壌にも行く」と述べ、首脳外交を通して北朝鮮問題の解決に努める姿勢を示した。

 産経新聞の名村隆寛ソウル支局長は11日付の記事で、「全方位外交」は歴代政権が主張してきたものと変わらず、バランサー(仲介者)を自任し、米中など大国の間を行ったり来たりしただけに終わった朴槿恵政権の二の舞に終わる可能性も十分にあると指摘した。

続きを読む

「ニュース」のランキング