産経ニュース

【WEB編集委員のつぶやき】「反日・親北」の文在寅政権を生んだズレた韓国、つぶやかずにはいられなかった

ニュース 国際

記事詳細

更新

【WEB編集委員のつぶやき】
「反日・親北」の文在寅政権を生んだズレた韓国、つぶやかずにはいられなかった

文在寅韓国大統領(ロイター) 文在寅韓国大統領(ロイター)

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、さぞ喜んでいるだろう。

 韓国大統領に文在寅氏(64)が就任し、約9年ぶりに左派政権が誕生した。北朝鮮がミサイルや核実験を繰り返す事実から目を背け、自らが最側近だった盧武鉉政権では、「南北間に軍事衝突がたったの1件もなかった」と左派政権を賛美する御仁だ。

 文氏は親北姿勢を前面に打ち出し、金大中、盧武鉉政権時代の包容政策の継承を訴えている。

 日米が危機回避に懸命な努力を続け、中国を含めた包囲網が狭まる中、文氏の融和策は国際的合意を分断する危険性をはらむ。

 文大統領を生んだ韓国世論もまた全く危機意識を欠いている。文政権に最も期待するのは安全保障ではなく経済立て直しだそうだ。

 韓国メディアは日本の外務省が朝鮮半島情勢に関する情報に注意を促す「スポット情報」を掲載したことに「大げさだ」と批判。安倍晋三首相による「朝鮮半島有事」にからむ発言や、日本メディアの報道を「朝鮮半島危機説をあおる」「行き過ぎた危機意識や対応」と伝えた。北朝鮮が弾道ミサイルを発射した4月29日に、東京で地下鉄が停車した際の反応も、「大げさだ」と報道。まるで危機感がないのはどうしたことか。

続きを読む

「ニュース」のランキング