産経ニュース

【矢板明夫の中国点描】トランプ会談で対北先制攻撃の「時間稼ぎ」に成功した習近平氏 危機先送り、重い代償と背中合わせ

ニュース 国際

記事詳細

更新

【矢板明夫の中国点描】
トランプ会談で対北先制攻撃の「時間稼ぎ」に成功した習近平氏 危機先送り、重い代償と背中合わせ

 中国の習近平国家主席(63)が訪米した4月上旬以降、北朝鮮の核・ミサイル開発問題をめぐる米中連携が注目されるようになった。ドナルド・トランプ米大統領(70)は中国による対北圧力強化に高い期待を寄せ、記者会見などで「中国はわれわれを助けたいと考えている」「習主席は特別な男だ。並々ならぬ努力をするだろう」などと語っている。

 こうした発言から推測すれば、首脳会談の場で習氏が「北朝鮮問題は任せてくれ」といった米国を喜ばすような約束をした可能性が高い。トランプ氏はその見返りとして通商問題で中国に大幅に譲歩した。米政府は14日、中国を為替操作国に認定することを見送った。中国メディアはこのことを習氏訪米の成果として大きく報じている。

 しかし習氏の帰国後、中国が北朝鮮に圧力を強化した行動はみられていない。王毅外相は14日の記者会見で、朝鮮半島の緊張について「互いに挑発することはやめるべきだ」と米朝双方を同時に牽制(けんせい)し、対話による解決の重要性を改めて強調。中国の従来の主張を繰り返しただけだった。

続きを読む

「ニュース」のランキング