産経ニュース

中国陸軍の集団軍を13に再編 習近平指導部、戦力近代化へ大なた

ニュース 国際

記事詳細

更新


中国陸軍の集団軍を13に再編 習近平指導部、戦力近代化へ大なた

全人代に出席する中国人民解放軍の代表ら=3月5日、北京の人民大会堂(共同) 全人代に出席する中国人民解放軍の代表ら=3月5日、北京の人民大会堂(共同)

 【北京=西見由章】中国国防省の楊宇軍報道官は27日の記者会見で、人民解放軍の国内5戦区に所属する集団軍について、18から13に再編することを明らかにした。戦力の近代化に向けて習近平指導部が進める軍改革の一環だが、組織再編を通じて軍内部の人事を掌握する狙いもありそうだ。

 これまで陸軍の機動作戦部隊は18の集団軍などで構成され、2013年時点で計85万人。集団軍は複数の師団や旅団からなり、現在は各戦区に3~5の集団軍が所属している。

 楊氏によると、新部隊は第71~83集団軍に再編される。楊氏は「機動作戦部隊を全体的に一新するものであり、わが軍の量から質への転換を進める上で重要な意義がある」と強調した。

 人民解放軍は伝統的に陸軍主体だったが、「強軍路線」を掲げる習指導部は従来の7大軍区を5戦区に統合し、余剰兵員30万人削減など陸軍を中心に改革を断行。国産空母の建造に象徴されるように海空軍の増強や戦略ミサイル部隊、宇宙・サイバー分野の整備に重点を移している。

続きを読む

このニュースの写真

  • 中国陸軍の集団軍を13に再編 習近平指導部、戦力近代化へ大なた
  • 中国陸軍の集団軍を13に再編 習近平指導部、戦力近代化へ大なた

関連ニュース

「ニュース」のランキング