産経ニュース

【北朝鮮情勢】THAAD韓国配備が浮き彫りにした中国の外交敗北

ニュース 国際

記事詳細

更新

【北朝鮮情勢】
THAAD韓国配備が浮き彫りにした中国の外交敗北

 【北京=藤本欣也】米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備が始まったことで、中国の習近平政権は新たな対応を迫られることになった。これまで外交交渉と“経済報復”で圧力をかけてきたが結局、失敗に終わったためだ。今後は親中派、文在寅氏の韓国大統領選勝利に望みを託すとともに、THAAD配備を前提に軍事的対応を進めていくとみられる。

 中国外務省報道官は26日、「すでに米韓当局に厳正な懸念を伝えた。THAAD関連設備の撤去を強く求める。中国は国益を守るため、必要な措置を断固として取る」と警告した。

 中国はこれまで、THAADの高性能レーダーで中国国内まで監視されるなどと主張。習近平国家主席自ら、朴槿恵前大統領に配備しないよう求めたほか、先の米中首脳会談でもトランプ米大統領に反対の意向を直接伝えた。武大偉朝鮮半島問題特別代表も今月訪韓し改めて配備に反対した。

 中国では、THAADの配備先を提供したロッテ系スーパーの大半が休業状態に陥った。旅行各社も韓国旅行の取り扱いを中止、韓国経済に打撃を与えた。

 それでも米韓の配備方針は変わらなかった。中国としては、配備見直しを示唆したことのある文氏の当選に期待する以外、配備撤回に向けた有効な手立てがない。その文氏さえ最近は配備容認の発言をしている。

続きを読む

このニュースの写真

  • THAAD韓国配備が浮き彫りにした中国の外交敗北
  • THAAD韓国配備が浮き彫りにした中国の外交敗北
  • THAAD韓国配備が浮き彫りにした中国の外交敗北

関連ニュース

「ニュース」のランキング