産経ニュース

捕鯨会合でニュージーランド情報機関が日本を傍受か 一部報道にNZ政府は否定

ニュース 国際

記事詳細

更新


捕鯨会合でニュージーランド情報機関が日本を傍受か 一部報道にNZ政府は否定

 ラジオ・ニュージーランド(電子版)などは26日、過去の国際捕鯨委員会(IWC)の会合で、ニュージーランドの情報機関、通信保安局が日本代表団の通信傍受などを行っていたと報じた。米ネットメディア「インターセプト」が公開したスノーデン容疑者が持ち出した機密書類に記されていたとしている。

 同ラジオによると、得られた情報は反捕鯨の立場を取る米国などと共有していた。同ラジオの取材に、当時のニュージーランド政府代表は報じられた内容を否定した。

 2007年に米アンカレジで開かれたIWC会合で通信保安局は、捕鯨支持国への働き掛けをする日本の行動や、各国の反応について情報収集し、米国の国家安全保障局(NSA)に提供していたという。米英豪とニュージーランド、カナダの5カ国は「ファイブ・アイズ」と呼ばれる国際通信盗聴網を構築しているとされる。(共同)

「ニュース」のランキング