産経ニュース

【国際情勢分析】消えた90億円 「史上最大」のサイバー窃盗の背後に浮かぶ北朝鮮 外貨獲得ルート先細り原因か

ニュース 国際

記事詳細

更新

【国際情勢分析】
消えた90億円 「史上最大」のサイバー窃盗の背後に浮かぶ北朝鮮 外貨獲得ルート先細り原因か

 同紙は、米ソフトウエア会社シマンテックの技術者の話として、「ソニーの時に使われた攻撃ツールと技術は、バングラデシュ中央銀行の時と同じものだ」と伝え、同様の攻撃は南米エクアドル、ベトナムの銀行にもあり、バングラデシュ中央銀行の事件と関連するとして連邦検事が捜査中だとしている。

×  × 

「ラザルス」の影は、別の事件でもちらつく。

 米紙ニューヨーク・タイムズ(3月27日、国際版)によると、北朝鮮と関係するハッカーがポーランドの複数の銀行にサイバー攻撃をかけ、世界100以上の企業・団体の口座から資金を盗もうとした。実際の被害は確認されていないが、その攻撃能力の高さに専門家らは注目している。

 攻撃は昨年10月ごろから始まり、ウイルスをポーランド金融規制当局のウェブサイトに仕込ませ、アクセスした銀行が誤ってダウンロードするのを待つ手口が使われた。「ウオーター・ホール・アタック(水飲み場型攻撃)」と呼ばれるもので、水飲み場に集まる獲物を待ち伏せする方法から名付けられたものだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング