産経ニュース

【米中首脳会談】習外交は「内弁慶」? 対米関係維持に汲々

ニュース 国際

記事詳細

更新

【米中首脳会談】
習外交は「内弁慶」? 対米関係維持に汲々

7日、米フロリダ州の別荘「マールアラーゴ」の中庭で、中国の習近平国家主席(右)と歩くトランプ米大統領(ロイター) 7日、米フロリダ州の別荘「マールアラーゴ」の中庭で、中国の習近平国家主席(右)と歩くトランプ米大統領(ロイター)

 【パームビーチ=山本秀也】習近平・中国国家主席は7日、実質約24時間の米国滞在を終え、南国の陽光が注ぐフロリダ州を離れた。トランプ米大統領との初会談では北朝鮮の核開発、米中貿易の主要議題で期待した進展は乏しく、対米関係のつなぎ止めに終始する結果となった。

 会談に関する中国側の発表は、「米中関係を良くする理由は千もあるが、悪くする理由は一つもない」といった習氏の対米重視発言に力点を置いている。これは、米国と肩を並べる大国の指導者という習氏の国内像を意識したためだ。

 具体的成果として、米中の対話枠組み拡大や、貿易不均衡の早期解消の取り組みは、盛り込まれた。

 中国国内では、米国製自動車、農産物の輸入拡大が訪米の「手土産」として伝えられる。だが、中国が期待した「一帯一路」経済構想やインフラ投資への米国参加は、会談の枠内では空振りだった。

 最も驚きをもって迎えられたのは、初日の夕食会の最中にシリア攻撃をトランプ氏から直接伝えられたことへの反応だ。習氏は米軍のミサイル攻撃に「理解」を示すばかりで、料理が終わるのを待って宿舎に引き揚げるのがやっとだった。

続きを読む

「ニュース」のランキング