産経ニュース

【金正男氏殺害】マレーシアの対北「人質」交渉、不信根強く「9人解放まで離陸させず」 北大使館員搭乗機が遅延の舞台裏

ニュース 国際

記事詳細

更新

【金正男氏殺害】
マレーシアの対北「人質」交渉、不信根強く「9人解放まで離陸させず」 北大使館員搭乗機が遅延の舞台裏

31日、クアラルンプール国際空港で、平壌から帰国し、家族と抱き合うマレーシア人(ロイター) 31日、クアラルンプール国際空港で、平壌から帰国し、家族と抱き合うマレーシア人(ロイター)

 【クアラルンプール=吉村英輝】北朝鮮の金正男(ジョンナム)氏殺害事件をめぐり、マレーシア政府は31日、北朝鮮で「人質」となっていた9人の帰国に成功した。だが、事件への関与が疑われる北朝鮮の外交官ら2人は出国。国家ぐるみとみられる事件は、北朝鮮に翻弄され、真相が解明されないまま事実上の幕引きとなった。

 在マレーシア北朝鮮大使館のヒョン・グァンソン2等書記官らと正男氏の遺体を乗せた北京行きのマレーシア航空機は30日、定刻の午後6時を約1時間45分遅れで出発した。

 マレーシア当局筋は産経新聞に、遅延は、9人を乗せたマレーシア空軍手配の航空機の平壌離陸を確認する措置だったとした。「本当に9人を解放するか最後まで北朝鮮を信用できなかった」ためだ。

 地元紙ニュー・ストレーツ・タイムズによると、マレーシア政府は25日、北朝鮮代表団と9人の解放で合意。26日に北朝鮮大使館内で2等書記官らを聴取したうえ出国を認め、27日に正男氏の遺体とともに北朝鮮に向かわせる予定だった。

続きを読む

このニュースの写真

  • マレーシアの対北「人質」交渉、不信根強く「9人解放まで離陸させず」 北大使館員搭乗機が遅延の舞台裏
  • マレーシアの対北「人質」交渉、不信根強く「9人解放まで離陸させず」 北大使館員搭乗機が遅延の舞台裏
  • マレーシアの対北「人質」交渉、不信根強く「9人解放まで離陸させず」 北大使館員搭乗機が遅延の舞台裏
  • マレーシアの対北「人質」交渉、不信根強く「9人解放まで離陸させず」 北大使館員搭乗機が遅延の舞台裏

「ニュース」のランキング