産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


赤間二郎総務副大臣が訪台、公務では断交後初

イベント「多彩日本」の開幕式典であいさつする赤間二郎総務副大臣=25日、台北市(共同) イベント「多彩日本」の開幕式典であいさつする赤間二郎総務副大臣=25日、台北市(共同)

 【台北=田中靖人】赤間二郎総務副大臣は25日、台北市内で日本の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会が主催する食品・観光イベントの開幕式に出席した。1972年の日台断交以来、副大臣級が公務で台湾を訪問するのは初めて。

 赤間氏は24日深夜に台湾に到着。蔡英文政権の高官との会談予定はなく、25日夕に帰国。式典には、台湾の対日窓口機関、亜東関係協会の邱義仁会長も参加した。赤間氏は記者団に「日本にとり日中関係が最も重要な関係の一つであると同時に、日本と台湾が実務関係を維持していくことも変わらない」と述べた。

 2006年には宮腰光寛農林水産副大臣(当時)が私的に訪台し、陳水扁総統(同)と会談するなどしている。ただ、日本政府は中国への配慮から訪台する職員の階級を自主規制しており、台湾メディアは赤間氏の訪台を「台日関係の温度上昇」(自由時報)などと報じている。

「ニュース」のランキング