産経ニュース

【金正男氏殺害】マレーシア警察、高麗航空職員に逮捕状

ニュース 国際

記事詳細

更新

【金正男氏殺害】
マレーシア警察、高麗航空職員に逮捕状

北朝鮮大使館から出てくる車を取り囲む報道陣=3日、マレーシアのクアラルンプール(ロイター) 北朝鮮大使館から出てくる車を取り囲む報道陣=3日、マレーシアのクアラルンプール(ロイター)

 【クアラルンプール=吉村英輝】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏殺害事件で、マレーシア警察のカリド長官は3日、事件に関与したとして氏名を公開した北朝鮮国籍の男8人のうち、北朝鮮国営の高麗航空職員の男の逮捕状を新たに取ったことを明らかにした。国営ベルナマ通信が伝えた。

 男はキム・ウクイル容疑者。在マレーシア北朝鮮大使館2等書記官とともに、大使館内に潜伏しているとみられている。カリド氏は、外交官のため不逮捕特権を持つ2等書記官についても、外務省を通じ大使館側に捜査への協力を求める書簡を渡したとした。

 マレーシア当局は3日、同じく事件に関与した疑いで逮捕していた北朝鮮国籍のリ・ジョンチョル氏を証拠不十分で釈放した。

 北朝鮮国籍の容疑者のうち、犯行現場にいた男4人は本国に帰還したとみられる。警察は唯一の北朝鮮国籍者で逮捕に至ったリ氏への追及を断念。大使館内にいるとみられる2人の逮捕に全力を挙げる。

 残る1人の北朝鮮国籍のリ・ジウ容疑者は逃走中で、所在情報はほとんど出ていない。

 釈放されたリ氏は3日朝、勾留先の警察署から首都近郊プトラジャヤにある入国管理当局の施設に移動され、同日午後にマレーシア国際空港に。同日夜のクアラルンプール発の航空機で中継地の北京に移動し、4日昼の平壌行きの定期便で本国に帰国するとの情報もあるが、具体的な便名などは確認されていない。

このニュースの写真

  • マレーシア警察、高麗航空職員に逮捕状

「ニュース」のランキング