産経ニュース

【金正男氏殺害】暗殺は「愛人の裏切り」か 事実上の第三夫人、殺害を黙認の指摘も

ニュース 国際

記事詳細

更新

【金正男氏殺害】
暗殺は「愛人の裏切り」か 事実上の第三夫人、殺害を黙認の指摘も

金正男氏が2001年に日本で拘束された際にも、同行していたソ・ヨンラン氏(左から2人目) 金正男氏が2001年に日本で拘束された際にも、同行していたソ・ヨンラン氏(左から2人目)

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏が殺害された事件で、正男氏の愛人とされる美人女性スパイの存在がクローズアップされている。複数の韓国メディアが「事実上の第三夫人」として紹介し、北朝鮮の対韓国工作員だったと報じた。この女性が正男氏殺害を黙認したとの説もある。正男氏は愛人に裏切られ、無残な最期を迎えたのか。(夕刊フジ)

 「事実上の第三夫人」とされる女性は2001年、正男氏が別人名義の旅券で日本に入国しようとして成田空港で拘束された際にその姿が確認された。当時の写真を見ると、黒のシャツにベージュのズボンといういで立ちで、サングラスに隠れて表情までは分からないものの、スタイルの良さは十分うかがえる。

 韓国メディアの記事によると、韓国の情報機関は女性の名前を「ソ・ヨンラン」氏と確認。1976年に平壌で生まれ、88年に朝鮮労働党第126連絡所の職員となった。血液型はA型とされている。

 ソ氏は当初、正男氏の警護をしながら動向を北朝鮮に報告する役割だったが、その後、恋愛関係に発展したといい、情報当局者の話として「事実上、正男氏の第三夫人で、マカオに居住する第二夫人や子供たちの世話をする役割も担っていた」と紹介した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 暗殺は「愛人の裏切り」か 事実上の第三夫人、殺害を黙認の指摘も

「ニュース」のランキング