産経ニュース

【環球異見・暴走する北朝鮮】米国・ニューヨーク・タイムズ紙「トランプ政権は対北戦略まだ持っていない」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【環球異見・暴走する北朝鮮】
米国・ニューヨーク・タイムズ紙「トランプ政権は対北戦略まだ持っていない」

韓国の北朝鮮専門インターネット新聞「デイリーNK」が「フェイスブック」からダウンロードした金正男氏とみられる男性(共同) 韓国の北朝鮮専門インターネット新聞「デイリーNK」が「フェイスブック」からダウンロードした金正男氏とみられる男性(共同)

 米紙は、いまだ輪郭が見えないトランプ新政権の対北朝鮮政策を早急に構築する必要があるとの警戒感を相次いで示した。

 ニューヨーク・タイムズ紙は13日付記事で、北朝鮮のミサイル発射を受けたトランプ大統領の対応に着目。南部フロリダ州で安倍晋三首相と会見した際、「北朝鮮にさえ言及せず、たった23の言葉の声明を読み上げ、東京への支持を表明した」とし、「トランプ氏らしくない抑制的なものだった」と指摘した。

 同紙はイランの弾道ミサイル発射の際、「イランに正式に警告する」と牽制(けんせい)したのとは「著しく対照的だ」と分析した上で、「安倍氏の隣のトランプ氏が礼儀正しく無口だったことは、政権がまだ(対北)戦略を持っていないと推測できる」とする識者の見解を紹介した。

 ワシントン・ポスト紙(電子版)は13日付社説で、「朝鮮半島における大戦のリスクを生まない軍事的な解決策はない」と述べ、中国を対北戦略の中心に据えて交渉することこそ重要だと強調した。「取引決定力にたけていると、もてはやされてきた」とトランプ氏に期待感を示し、「一刻も無駄にすべきではない」と対応を促した。

続きを読む

「ニュース」のランキング