産経ニュース

【歴史戦】寄稿「韓国人は自らの影を隣国に投影するな」 鄭大均・首都大学東京名誉教授

ニュース 国際

記事詳細

更新

【歴史戦】
寄稿「韓国人は自らの影を隣国に投影するな」 鄭大均・首都大学東京名誉教授

鄭大均教授 鄭大均教授

 朝鮮人徴用工の脱出を描いた韓国映画「軍艦島」(柳昇完監督)が7月に封切りされるという。「軍艦島」とは長崎港の海上に浮かぶ端島の別名であるが、「日帝強占期、われわれはそこを地獄島と呼んだ」のコピーからすると、「悪の日本帝国とその犠牲者である朝鮮人」を描いた作品なのだろう。

 日本統治期というと、近年の韓国では「強制連行」や「戦時徴用」のことばかりが話題になる。それでは歴史観が視野狭窄症に陥るのではないかと思うが、この映画もどうやらそれに貢献するものらしい。

 それはしかし、事実とあまりにもかけ離れているのではないかと、元島民らの言葉を紹介したのが8日付本紙の記事である。それに柳監督自身がMBCテレビの取材で反論したという記事が翌日にあって、「数多くの証言集を通じ、本当に事実だというしかない資料がある」とか「地下1千メートルの炭坑で作業をし、人権蹂躙された生活を送るなどの内容は、歴史的事実を基にしている」という言葉が紹介されている。

 多くの「証言集」に「悪の日本帝国とその犠牲者である朝鮮人」の記述があるのは事実である。しかし端島の朝鮮人徴用工に関心を寄せ、発言し続けてきたのは岡正治(牧師・故人)や林えいだい(作家)といったもっぱら左派系ばかりで、彼らは日本国の加害者性の告発・糾弾を自己の使命としてきた人々である。

続きを読む

「ニュース」のランキング