産経ニュース

【金正男氏殺害】超ナイスガイだったのに…マカオで正男氏と“まさかの遭遇” 「撮影OK」にびっくり 本紙特別記者

ニュース 国際

記事詳細

更新

【金正男氏殺害】
超ナイスガイだったのに…マカオで正男氏と“まさかの遭遇” 「撮影OK」にびっくり 本紙特別記者

本紙・清水満編集委員のインタビューに答え、ポーズをとる北朝鮮・金正日総書記の長男、金正男氏 =2007年03月18日、マカオ市内 本紙・清水満編集委員のインタビューに答え、ポーズをとる北朝鮮・金正日総書記の長男、金正男氏 =2007年03月18日、マカオ市内

 まさか…。ニュース速報にビックリした。超ナイスガイだったのに…。金正男氏には一度だけ会ったことがある。もう10年前になるが、2007年3月、マカオに遊びに行った。友人と繁華街であるセナド広場付近を歩いていると、金正男氏らしき人とバッタリ。「えっ? マジ?」と。引き返して再び凝視? すると彼はニコッと笑った。夫人らしき女性と子供ら…。彼らはコンピューター店に入ったり、ゆっくり街を散策したりしているようだった。

 意を決して直撃した。拙い英語で「金正男さんですか?」「写真を撮ってよいですか?」。こちらが興奮してカメラを構えると「フラッシュ、フラッシュ…」と。何と彼は快く応じてくれた。その頃、中国・北京で北朝鮮に関して6カ国協議をしていた。必死で「どう思うか?」と問いかけた。手を横に振っていなされたが、その対応はとても温和だった。

 彼がマカオ付近に出没しているとはウワサに聞いていたが、“まさかの遭遇”。まだ父・正日氏が存命だった。後継者問題がささやかれる中、自由諸国を知る正男氏が後を継いでくれたら…。そんな思いもした。わずか2、3分のシーンだが、いまだに鮮明な記憶が残る。(清水満)

「ニュース」のランキング