産経ニュース

【トランプ大統領始動】フリン補佐官が辞任、後任にケロッグ氏 ロシア側と制裁協議の疑惑受け

ニュース 国際

記事詳細

更新

【トランプ大統領始動】
フリン補佐官が辞任、後任にケロッグ氏 ロシア側と制裁協議の疑惑受け

フリン米大統領補佐官(ゲッティ=共同) フリン米大統領補佐官(ゲッティ=共同)

 【ワシントン=加納宏幸】トランプ米政権で安全保障政策の方針を決める国家安全保障会議(NSC)の事実上の司令塔だったフリン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が13日、政権発足前にロシア側とオバマ前政権の対露制裁を協議したとされる疑惑を受け、辞任した。

 トランプ大統領が同日、フリン氏の辞任を了承。大統領補佐官代行にケロッグ元陸軍中将を充てる人事を決めた。ホワイトハウスが発表した。フリン氏の後任について、AP通信は、ケロッグ氏を含む3人の名前が挙がっていると報じた。

 フリン氏は昨年12月、ロシアのキスリャク駐米大使と電話で協議した際、オバマ前政権が大統領選を狙ったサイバー攻撃への報復として発表した対露制裁について話し合ったとされる。民間人による外交活動は法で禁じられている。

 米紙ワシントン・ポスト(電子版)は13日、司法省は「フリン氏がロシアからの脅迫に対して弱い立場にある」とホワイトハウスに警告したと報道。民主党がフリン氏から機密情報を扱う権限を剥奪するよう求め、共和党からも「信頼できない」との声が出ていた。

 フリン氏から説明を受けたペンス氏は、「制裁は協議されなかった」としてフリン氏を擁護。その後に米メディアが当局者の話として、フリン氏が制裁について協議したことを認めたと伝え、騒ぎになった。フリン氏はトランプ氏と安倍晋三首相の首脳会談にも同席していた。

このニュースの写真

  • フリン補佐官が辞任、後任にケロッグ氏 ロシア側と制裁協議の疑惑受け

「ニュース」のランキング