産経ニュース

【北ミサイル発射】固形燃料エンジン採用か 日米韓、分析急ぐ 圧力強める方針

ニュース 国際

記事詳細

更新

【北ミサイル発射】
固形燃料エンジン採用か 日米韓、分析急ぐ 圧力強める方針

北朝鮮の労働新聞が13日掲載した、新型の地対地中長距離弾道ミサイル「北極星2」の発射実験の写真(共同) 北朝鮮の労働新聞が13日掲載した、新型の地対地中長距離弾道ミサイル「北極星2」の発射実験の写真(共同)

 北朝鮮が弾道ミサイルを発射したのを受け、日本と米国、韓国は13日、ミサイル開発が進展している可能性もあるとみて種類や性能について分析を急いだ。国際社会と連携して金正恩体制への圧力を強める方針で、国連安全保障理事会での緊急会合開催を求めることも検討する。

 韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮が12日朝、北西部亀城付近から発射したミサイルは約500キロ飛行し、日本海に落下。高度は約550キロに達した。通常より高く発射し飛行距離を抑えたとの見方も出ている。韓国軍は中距離弾道ミサイル「ノドン」(射程1300キロ)よりも飛行速度が速かったことなどから、新型中距離弾道ミサイル「ムスダン」(射程2500~4千キロ)に固体燃料エンジンを採用するなどした改良型の可能性があると分析。

続きを読む

このニュースの写真

  • 固形燃料エンジン採用か 日米韓、分析急ぐ 圧力強める方針
  • 固形燃料エンジン採用か 日米韓、分析急ぐ 圧力強める方針
  • 固形燃料エンジン採用か 日米韓、分析急ぐ 圧力強める方針

「ニュース」のランキング