産経ニュース

【米入国禁止】日航と全日空、搭乗拒否 イスラム圏7カ国の旅客、米国便で方針

ニュース 国際

記事詳細

更新

【米入国禁止】
日航と全日空、搭乗拒否 イスラム圏7カ国の旅客、米国便で方針

 トランプ米大統領によるイスラム圏7カ国からの入国禁止決定を受け、日本航空と全日本空輸は30日、7カ国のパスポートを持つ旅客の米国に向かう便への搭乗を原則的に断る方針を決めた。政府関係者や米国の居住権保持者などは除外するという。同様の動きがエジプト航空、エミレーツ航空、ルフトハンザ航空など世界に広がっている。

 日航は、米国が7カ国のパスポート所持者の入国を拒否しているとの情報を国際航空運送協会(IATA)が公表したことから判断。全日空は米側に照会した上で搭乗の可否を決める。両社で航空券を購入し、搭乗を断った旅客には運賃を全額返金するとしている。

 両社によると、対象となる旅客は同日午後9時現在で確認されていない。

 また、米国で抗議デモが広がっており空港周辺の混雑が予想されることから、日航は同日、米国発の便の利用者らは時間に十分な余裕を持ってくるようにホームページで呼びかけた。

「ニュース」のランキング