産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


「拉致被害者帰国を第一に」 家族ら集会で訴え

 北朝鮮による拉致問題を考える集会で話す家族会代表の飯塚繁雄さん=29日午後、埼玉県川口市  北朝鮮による拉致問題を考える集会で話す家族会代表の飯塚繁雄さん=29日午後、埼玉県川口市

 北朝鮮による拉致被害者の奪還を呼びかける集会が29日、埼玉県川口市で開かれ、家族会代表で田口八重子さん(61)=拉致当時(22)=の兄、飯塚繁雄さん(78)が「核・ミサイル問題も重要だが、政府は拉致被害者の帰国を第一、最優先で取り組んでほしい」と強調した。

 同県に関係する拉致被害者や、拉致の可能性が排除できない特定失踪者の家族ら約300人が参加。講演で飯塚さんは「どんな手段でも被害者を取り返すことが大事。極端だが、1人3億でも払って帰ってくればいい」と話し、経済支援も含め、あらゆる手段で北朝鮮の対応を引き出すべきだとした。

 田口さんの長男、飯塚耕一郎さん(39)は「人生で一番重要な時間を奪われた。拉致は外交問題ではなく犯罪だ」と強調。集会の最後には会場全員で「故郷」を合唱し、被害者の奪還を誓った。

 ■存在浮く「特定失踪者」

 「連れ去られたことさえ気付かれず、北朝鮮で助けを待つ人が大勢いる。これが拉致の闇の深さだ」。この日、聴衆を前に藤田隆司さん(58)は訴えた。

 兄の進さん=失踪当時(19)=は昭和51年2月7日に消息を絶った特定失踪者だ。平成16年、北朝鮮から流出した男性の写真が鑑定で進さんと判明。元工作員の証言からも拉致が濃厚となり、実名を明かして救出に取り組んできた。

 北朝鮮が拉致を認めた14年以降、日本政府は17人を被害者と認定。だが、特定失踪者は認定もなく「中ぶらりんの存在」で、認知度は低かった。国連人権理事会で進さんの問題を訴える機会もあったが、進展なく41年がたとうとしている。

 特定失踪者に初めて光が当たったのは、26年のストックホルム合意だった。北朝鮮はすべての拉致被害者の再調査を約束し、未発覚の被害者を含め、帰国の可能性がにわかに浮上した。だが、北朝鮮は核実験を強行するなど態度を硬化、一方的に調査を打ち切った。

 「奪還できず、拉致とも認めてもらえないなら、(国は)せめて真実を明らかにする姿勢を見せてほしい」。隆司さんは厳しい表情で思いを語る。

 隆司さんが頼りにするのは拉致に怒り、声を上げる国民の“本気度”だ。問題が膠着(こうちゃく)し風化も懸念される中、あらゆる手段で進展をたぐり寄せる「国の本気」も同様に切望している。900人近くの特定失踪者の家族も、同じジレンマを胸に肉親の帰りを待っている。(中村昌史)

このニュースの写真

  • 「拉致被害者帰国を第一に」 家族ら集会で訴え
  • 「拉致被害者帰国を第一に」 家族ら集会で訴え
  • 「拉致被害者帰国を第一に」 家族ら集会で訴え

「ニュース」のランキング