産経ニュース

韓国地裁、長崎・対馬の仏像引き渡しできょう判決 韓国の寺が所有権主張

ニュース 国際

記事詳細

更新


韓国地裁、長崎・対馬の仏像引き渡しできょう判決 韓国の寺が所有権主張

問題になっている観音寺の長崎県指定有形文化財「観世音菩薩坐像」=2013年1月、韓国・大田(聯合=共同) 問題になっている観音寺の長崎県指定有形文化財「観世音菩薩坐像」=2013年1月、韓国・大田(聯合=共同)

 【ソウル=名村隆寛】長崎県対馬市の観音寺から2012年10月に盗まれ、その後、韓国で発見された県指定有形文化財「観世音菩薩坐像」の所有権を主張する韓国の寺が、像を引き渡すよう韓国政府に求めた訴訟の判決が26日、大田(テジョン)地裁で言い渡される。

 引き渡しを求めているのは韓国中部・瑞山(ソサン)にある浮石(プソク)寺。大田地裁は13年2月、同寺の求めに基づいて、韓国政府による日本への返還を差し止める仮処分を決定。しかし、本訴訟が起こされず、韓国政府が仮処分取り消しを申請できる状態となっていた。

 日本政府は像の返還を求めていたが、像が14世紀に韓国で作られ倭寇に略奪されたとものだと主張する浮石寺が、昨年4月に提訴していた。

 韓国文化財庁は、略奪された可能性は否定しないとする一方、「断定は困難」と指摘。また、浮石寺が像の所有者であるとの証拠も不十分とみている。

 像は大田の国立文化財研究所に保管されている。

 一方、この像とともに対馬市の海神神社から盗まれた国の指定重要文化財「銅造如来立像」は、不当な日本への持ち出しは確認されず、15年7月に日本に返還されている。

「ニュース」のランキング