産経ニュース

【トランプ大統領始動】不法移民やテロリスト流入を阻止 「壁」めぐり大統領令に署名へ

ニュース 国際

記事詳細

更新

【トランプ大統領始動】
不法移民やテロリスト流入を阻止 「壁」めぐり大統領令に署名へ

トランプ米大統領(UPI) トランプ米大統領(UPI)

 【ワシントン=加納宏幸】トランプ米大統領は25日、不法移民やテロリストの流入を阻止するための措置に関する大統領令に署名する。トランプ氏は24日、ツイッターで「明日(25日)は国家安全保障上の重要な日になる。必ず『壁』を建設する」と書き込み、不法移民や薬物の流入を食い止めるため、大統領選で公約したメキシコ国境への「壁」建設を表明する可能性を示唆した。

 米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は24日、トランプ氏が25日に国境警備などを統括する国土安全保障省を訪れて大統領令に署名し、壁の建設に関する連邦予算の執行を命ずる見通しであると伝えた。

 このほか、ロイター通信は24日、大統領令により、トランプ氏がテロリストが紛れ込む恐れがあるとみるシリア、イラク、イラン、リビア、ソマリア、スーダン、イエメンの国民に対するビザ(査証)発行や、宗教的迫害を受けた者を除く難民の受け入れを厳格な入国審査の態勢が整うまで一時的に停止する可能性があると報じた。

 米国内でテロが発生したことを受け、トランプ氏は選挙戦で一時、テロ再発を防止するため全面的にイスラム教徒の入国を禁止すると主張していた。だが、特定の宗教を差別することには野党・民主党だけでなく、与党・共和党からも強い批判が出た。このため、移民や難民に紛れてテロリストが流入する懸念がある国を対象にした厳格な入国審査を導入すると主張を変えた。

「ニュース」のランキング