産経ニュース

【トランプタウンから】「日本たたき」はビジネスマン時代の恨み? 「やられたらやり返す」がトランプ哲学

ニュース 国際

記事詳細

更新

【トランプタウンから】
「日本たたき」はビジネスマン時代の恨み? 「やられたらやり返す」がトランプ哲学

通商や日本をめぐるトランプ氏の発言 通商や日本をめぐるトランプ氏の発言

 日本の貿易慣行を「公平ではない」と批判するなど、ドナルド・トランプ新大統領の「日本たたき」が頭をもたげ始めた。日米貿易摩擦が本格化した1980年代の対日観に固執するトランプ氏だが、日本に対する苦手意識の背景を探ると、ビジネスマン時代に日本勢に袖にされた過去と今でも日本を批判する経済参謀の存在があるようだ。

 優雅な生活に反対

 トランプタワーの斜め向かいにそびえる白地のプラザホテルは、セントラルパークを見下ろす瀟洒(しょうしゃ)な建物だ。築110年、歴史建造物として指定されている。

 日本経済のバブルの遠因となった85年の「プラザ合意」が決まった場所-といわれれば、日本人ならピンと来るかもしれない。

 当時の米国は貿易・財政の「双子の赤字」に苦しんでいた。対米貿易黒字に対する批判を恐れた日本は、「プラザ合意」のドル安政策を通じて、米国の輸出拡大に協力した。

 日米貿易摩擦の舞台ともなったプラザホテルだが、実は、トランプ氏が不動産開発業者だった88年に購入している。当時のトランプ氏は積極路線。プラザホテルを高値づかみしたうえ、借金漬けにした。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「日本たたき」はビジネスマン時代の恨み? 「やられたらやり返す」がトランプ哲学

「ニュース」のランキング