産経ニュース

「米外交官がトイレで女装」 ロシア外相が米の情報収集活動を牽制 「全て記録されている」

ニュース 国際

記事詳細

更新


「米外交官がトイレで女装」 ロシア外相が米の情報収集活動を牽制 「全て記録されている」

記者会見する露のセルゲイ・ラブロフ外相(右)=17日、モスクワ(ロイター) 記者会見する露のセルゲイ・ラブロフ外相(右)=17日、モスクワ(ロイター)

 【モスクワ=遠藤良介】ロシアのラブロフ外相は17日の年頭記者会見で、在ロシアの米国大使館員らが「変装」も駆使して、情報収集活動を行っていると発言した。オバマ米政権が昨年末、ロシアによるサイバー攻撃を理由に在米ロシア大使館員35人を国外退去にしたことなどに関連し、米大使館員の活動を掌握していると誇示したかったものとみられる。

 ラブロフ氏は「変装し、かつらをかぶった米外交官」が入館を拒んだ米大使館の警備員に暴行を加えたり、米外交官が公衆トイレを使って女装していたケースがあると説明。こうした状況は「全て記録されている」としたものの、具体的な時期や場所には言及しなかった。

 ラブロフ氏はまた、米外交官が反体制派の集会でしばしば目撃され、変装していたこともあると主張。米大使館の駐在武官は、身分を隠すためにレンタカーを使って活発に国内を移動し、露南部チェチェン共和国や紛争地であるウクライナ東部との国境など、辺境地域をしばしば訪れているとも語った。

 露大使館員らの追放に対してプーチン露政権は報復措置をとっておらず、「親露的」とされるトランプ次期米大統領の出方をうかがっている。ラブロフ氏はオバマ米政権の2期目で、米機関が在米の露大使館員を「協力者」としてリクルートする動きも強まっていたとしている。

このニュースの写真

  • 「米外交官がトイレで女装」 ロシア外相が米の情報収集活動を牽制 「全て記録されている」

「ニュース」のランキング