産経ニュース

「日本は特別な存在」 地震被害の台南市長が会見で感謝

ニュース 国際

記事詳細

更新


「日本は特別な存在」 地震被害の台南市長が会見で感謝

16日、東京・内幸町の日本記者クラブで記者会見した台南市の頼清徳市長 16日、東京・内幸町の日本記者クラブで記者会見した台南市の頼清徳市長

 昨年2月の台湾南部地震で被害を受けた台南市の頼清徳市長は16日、東京・内幸町の日本記者クラブで記者会見し、地震発生後に日本から義援金などの支援を受けたことに対し、「台湾にとって日本は特別な存在だということを理解した」と感謝の言葉を述べた。

 頼氏は、昨年6月に陳菊・高雄市長とともに熊本地震の被災地を訪れ、市民から寄せられた義援金を届けたことについて触れ、「日本から寄せられた心遣いと支援のお返し」と発言。その上で「互いに温かな気持ちで協力しあう姿こそが、台湾と日本の最も素晴らしいところだ。台湾と日本は家族のような隣人だ」と日台の親密さを強調した。

 また、卓球女子の福原愛選手が、リオデジャネイロ五輪台湾代表の江宏傑選手と結婚したことについて「道ばたで福原さんに会えるかもと、台南の人はどきどきしている」と話した。

「ニュース」のランキング