産経ニュース

【WEB編集委員のつぶやき】韓国は、やはり「反日カード」を切った 新年からつぶやかずにはいられない

ニュース 国際

記事詳細

更新

【WEB編集委員のつぶやき】
韓国は、やはり「反日カード」を切った 新年からつぶやかずにはいられない

釜山の日本総領事館前で12月31日夜に除幕された慰安婦像(名村隆寛撮影) 釜山の日本総領事館前で12月31日夜に除幕された慰安婦像(名村隆寛撮影)

 韓国は、国家間で「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した慰安婦をめぐる日韓合意を履行せず、またぞろ「反日」カードを切り始めた。朴槿恵大統領の友人による国政介入事件で、朴氏の弾劾訴追が可決されたが、政権は完全にレームダック(死に体)となった。

 釜山の日本総領事館前の路上に市民団体が慰安婦像を設置、地元の釜山市東区が撤去した問題で、同区は昨年12月30日、像の設置を一転許可、再び設置された。韓国の日本公館前に慰安婦像が設置されるのは、ソウルの日本大使館前に続き2例目。これは外国公館前での侮辱行為を禁じたウィーン条約を無視する違法行為だ。

 市民団体は会見で「釜山市民の勝利」「日本の心からの謝罪と賠償を最後まで要求する」などと叫び、31日夜には除幕式を行った。

 地元自治体が、一転して設置を許可した背景には、歴史認識の問題では日本には妥協できないという世論の圧力に政府や自治体は無力だという現実があると産経新聞の特派員は指摘する。事実、韓国外務省はソウルの像について「民間が行っていることで、あれこれ言えない」と繰り返し、釜山の像については「自治体が判断する問題」と述べ、合意を推進した尹炳世外相も「いま理解できない人々も今後、理解してくれる日が来るだろう」と無力感が漂う。

続きを読む

このニュースの写真

  • 韓国は、やはり「反日カード」を切った 新年からつぶやかずにはいられない

「ニュース」のランキング