産経ニュース

中国がダム建設再開へ圧力 苦境に立つミャンマーのスー・チー氏

ニュース 国際

記事詳細

更新


中国がダム建設再開へ圧力 苦境に立つミャンマーのスー・チー氏

ミャンマー北部で中国が進めるミッソンダム建設予定地。完成すれば、観光名所でもある周辺地域は、対岸のこの茶店を含め水没する(吉村英輝撮影) ミャンマー北部で中国が進めるミッソンダム建設予定地。完成すれば、観光名所でもある周辺地域は、対岸のこの茶店を含め水没する(吉村英輝撮影)

 今年3月に政権を奪取したスー・チー氏は8月の訪中で、習近平国家主席側からダム建設再開を求められた。だが、直前に設置した調査委員会の「報告を待って判断する」と、即答を避けた。かつての反対姿勢を翻し、再開を容認すれば国内世論の反発は必至だ。

 ダム建設には、この地域を支配する少数民族武装勢力のカチン独立軍(KIA)も反対してきた。KIAは連携する中国系少数民族の武装勢力と共に11月20日、北東部シャン州の国境付近で警察施設などを襲撃。地元記者によると、ミャンマー軍は国境付近のKIAの地下壕を狙って連日の報復空爆を展開し、中国軍も国境警備の強化を表明した。

 ある外交筋は「中国は武装勢力への影響力を脅しに使い、ダム建設再開を迫る姿勢だ」と指摘。スー・チー氏は後ろ盾となってきた米オバマ政権の退陣も迫り、試練が続きそうだ。

(ミャンマー北部ミッソン 吉村英輝)

このニュースの写真

  • 中国がダム建設再開へ圧力 苦境に立つミャンマーのスー・チー氏

「ニュース」のランキング