産経ニュース

【トランプ次期大統領】イスラエル決議容認を批判 オバマ政権対応でトランプ氏

ニュース 国際

記事詳細

更新

【トランプ次期大統領】
イスラエル決議容認を批判 オバマ政権対応でトランプ氏

トランプ次期米大統領(ロイター) トランプ次期米大統領(ロイター)

 トランプ次期米大統領は28日、オバマ政権が23日の国連安全保障理事会でイスラエルのユダヤ人入植活動を非難する決議採択を容認したことについて「イスラエルを完全に侮辱して無礼に扱うようなことを続けてはならない」とツイッターに投稿、批判した。

 トランプ氏は決議案を巡り、米国は拒否権を行使すべきだと主張していたが、オバマ政権は棄権。一方で14カ国が賛成し、採択された。イスラエルはオバマ政権の対応に猛反発し、米国内でも共和党議員らを中心に批判が高まっている。

 ケリー米国務長官は28日、ワシントンで中東政策について演説し、パレスチナ国家樹立による「2国家共存」の実現が中東和平への「唯一の道だ」と指摘。オバマ政権は2国家共存の実現をイスラエルの入植活動が阻んでいると非難しており、拒否権を行使しなかったのは「私たちの価値観に基づく」行動だと強調した。(共同)

「ニュース」のランキング