産経ニュース

中国空母編隊、渤海で初の実弾演習を実施 「戦闘に即応できる状態に近づいている」

ニュース 国際

記事詳細

更新


中国空母編隊、渤海で初の実弾演習を実施 「戦闘に即応できる状態に近づいている」

カナダ海軍とともに演習を行った中国海軍=15日、ブリティッシュコロンビア州ビクトリア(AP) カナダ海軍とともに演習を行った中国海軍=15日、ブリティッシュコロンビア州ビクトリア(AP)

 16日付の中国英字紙、チャイナ・デーリーは中国海軍が最近、空母編隊による初めての実弾演習を渤海で実施したと報じた。同紙は演習について「(編隊が)戦闘に即応できる状態に近づいていることを意味し、画期的だ」との専門家の見方を伝えた。

 同紙などによると、演習には空母「遼寧」を含め艦艇数十隻、航空機数十機が参加。空母編隊は防空訓練などを実施。艦載機「殲15」は実弾を搭載し、攻撃訓練を実施した。演習では空対空のほか、対艦、対空など各種ミサイル十数発を発射したとしている。

 同紙は遼寧の甲板上の殲15や、殲15から発射されたとするミサイルの写真も掲載した。

 中国海軍は演習の目的について武器の性能や部隊の訓練の水準を検証することが目的と説明した。(共同)

「ニュース」のランキング