産経ニュース

【パリ同時テロ】フランス非常事態、来年7月まで 延長を閣議決定

ニュース 国際

記事詳細

更新

【パリ同時テロ】
フランス非常事態、来年7月まで 延長を閣議決定

2015年11月、銃撃戦が発生したパリ近郊のサンドニの現場では道路が封鎖された。警備にあたる仏軍フランス・サンドニ(大西正純撮影) 2015年11月、銃撃戦が発生したパリ近郊のサンドニの現場では道路が封鎖された。警備にあたる仏軍フランス・サンドニ(大西正純撮影)

 フランスのカズヌーブ首相は10日、パリの大統領府で閣議後、記者団に対し、昨年11月のパリ同時多発テロ後に発令した非常事態宣言の期限を来年7月15日まで延長することを決定したと明らかにした。現行の期限は来年1月26日で、延長は5回目となる。

 フランスは来年4~5月に大統領選、6月に国民議会(下院)総選挙を控えている。首相は「テロの脅威が高まっている中、数々の政治的な集会などの安全を確保する必要がある」と述べ、国会に早期承認を求めた。

 令状なしの家宅捜索などを容認する異例の非常事態宣言が約1年8カ月続くことになり、観光業の不振など経済的な影響も出ている。(共同)

「ニュース」のランキング