産経ニュース

【激震・朴政権】強大な権限は黄教安首相に 朴氏は大統領府で生活、給与も?

ニュース 国際

記事詳細

更新

【激震・朴政権】
強大な権限は黄教安首相に 朴氏は大統領府で生活、給与も?

韓国の黄教安首相(聯合=共同) 韓国の黄教安首相(聯合=共同)

 韓国国会で朴槿恵大統領の弾劾訴追案が9日可決され、黄教安首相が職務を代行することになった。国軍の統帥権や憲法改正発議権など内政、外交安全保障に絡む強大な大統領権限は黄氏に一時的に委譲される。

 首相の職務代行は、2004年に盧武鉉大統領(当時、故人)の弾劾訴追案が可決されて以来。大統領としての身分は職務権限が停止されても維持される。盧氏の場合、大統領府に住み続け、給与や各種手当もほぼ従来通り支払われた。

 韓国メディアによると、朴氏の年俸は約2億1200万ウォン(約2000万円)。野党側は職務代行期間が長期化する可能性があるとして、警護など必要最低限のものを除き、給与支給や手当を制限する法制定を検討しているという。

 北朝鮮と軍事境界線を挟んで対峙する安全保障上の理由から、韓国大統領の権限は絶大だ。一部野党は、保守強硬派の黄氏が大統領職務を代行することに懸念を抱く。

「ニュース」のランキング