産経ニュース

【トランプ次期大統領】リンダ・マクマホン氏を中小企業局局長に起用 米プロレス団体「WWE」に会長の妻として出演し話題

ニュース 国際

記事詳細

更新

【トランプ次期大統領】
リンダ・マクマホン氏を中小企業局局長に起用 米プロレス団体「WWE」に会長の妻として出演し話題

トランプ氏との会談後にメディアの質問に応じるリンダ・マクマホン氏=11月30日、NY(ロイター) トランプ氏との会談後にメディアの質問に応じるリンダ・マクマホン氏=11月30日、NY(ロイター)

 トランプ氏は7日、中小企業局(SBA)局長に米プロレス団体ワールド・レスリング・エンターテインメント(WWE)の最高経営責任者(CEO)を務めるなどしたリンダ・マクマホン氏(68)を充てると発表した。声明でリンダ氏を「WWEを従業員13人の事業から800人を超えるグローバル企業に成長させた」と称賛した。

 リンダ氏はWWEの番組に、会長であるビンス・マクマホン氏(71)の妻として出演。番組上でビンス氏は気に入らないレスラーに「お前はクビだ!」と言い放って解雇するなど「悪のオーナー」として振る舞う一方で、リンダ氏は夫の浮気に悩み、ときには夫を止める「良識派」としての役割を演じるなど名演技も好評だ。

 リンダ氏は実の息子のシェイン・マクマホン氏(46)、娘でブランド責任者のステファニー・マクマホン氏(40)と共に番組に出演。ときにはレスラーの技をリングの内外で受けるなど体をはったパフォーマンスも話題になった。

 リンダ氏は7日にツイッターで「次期大統領からSBAのトップに指名され、中小企業と起業家を導いていくことを光栄に思います」と書き込んでいる。夫のビンス氏は「指名を誇りに思います。素晴らしい仕事をすると信じています」と書き込み、息子のシェイン氏も「母を誇りに思います」と祝意を送っている。

続きを読む

このニュースの写真

  • リンダ・マクマホン氏を中小企業局局長に起用 米プロレス団体「WWE」に会長の妻として出演し話題
  • リンダ・マクマホン氏を中小企業局局長に起用 米プロレス団体「WWE」に会長の妻として出演し話題
  • リンダ・マクマホン氏を中小企業局局長に起用 米プロレス団体「WWE」に会長の妻として出演し話題

「ニュース」のランキング