産経ニュース

【真珠湾攻撃75年】真珠湾とワシントンで追悼式典、ハリス米太平洋軍司令官「当時の敵は和解によって、今は最も親密になった」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【真珠湾攻撃75年】
真珠湾とワシントンで追悼式典、ハリス米太平洋軍司令官「当時の敵は和解によって、今は最も親密になった」

海軍関係者に見送られ、敬礼を返し会場を後にする退役軍人 海軍関係者に見送られ、敬礼を返し会場を後にする退役軍人

 【ホノルル=中村将、ワシントン=加納宏幸】旧日本軍が米ハワイの真珠湾を攻撃してから75年となる7日朝(日本時間8日未明)から、犠牲者の追悼と攻撃を生き延びた退役軍人をたたえる式典が真珠湾の米軍施設で行われた。

 式典には、日系人であるハリス米太平洋軍司令官ら軍関係者や退役軍人とその家族、やはり日系のイゲ・ハワイ州知事ら約3800人が参加。攻撃が始まった午前7時55分には、犠牲者に黙祷を捧げた。

 ハリス司令官は「当時の敵は和解によって、今は最も親密になった。毎年12月7日は退役軍人の行動を思いだす。われわれは退役軍人の勇気を絶対に忘れない」とスピーチした。

 山本五十六連合艦隊司令長官の出身地で、ホノルル市と姉妹都市の新潟県長岡市の磯田達伸市長らも式典に出席。「75年は大きな節目。新しい未来に向けた両国の思いがスタートする」と報道陣に語った。

 8日には、真珠湾内で米海軍と在ホノルル日本総領事館主催で、初の日米共催の追悼式典も行われる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 真珠湾とワシントンで追悼式典、ハリス米太平洋軍司令官「当時の敵は和解によって、今は最も親密になった」
  • 真珠湾とワシントンで追悼式典、ハリス米太平洋軍司令官「当時の敵は和解によって、今は最も親密になった」
  • 真珠湾とワシントンで追悼式典、ハリス米太平洋軍司令官「当時の敵は和解によって、今は最も親密になった」
  • 真珠湾とワシントンで追悼式典、ハリス米太平洋軍司令官「当時の敵は和解によって、今は最も親密になった」
  • 真珠湾とワシントンで追悼式典、ハリス米太平洋軍司令官「当時の敵は和解によって、今は最も親密になった」

「ニュース」のランキング