産経ニュース

北方領土の領有容認を要求 平和条約交渉の前提とロシア

ニュース 国際

記事詳細

更新


北方領土の領有容認を要求 平和条約交渉の前提とロシア

ロシアのプーチン大統領(左手前から2番目)と会談する岸田外相=2日、サンクトペテルブルク(代表撮影) ロシアのプーチン大統領(左手前から2番目)と会談する岸田外相=2日、サンクトペテルブルク(代表撮影)

 2日のロシア通信によると、ロシアのモルグロフ外務次官は、日本と平和条約締結交渉を本格的に始めるには、第二次大戦の結果、北方領土がロシア領になったと日本が認める必要があると述べた。また、3日にモスクワで行われるラブロフ外相と岸田文雄外相の会談では平和条約問題には触れるが、本格協議は予定されていないとも述べた。

 プーチン大統領の訪日が今月15~16日に迫る中、ロシアが従来の強硬姿勢を崩していないことが鮮明に。モルグロフ氏は「平和条約問題の交渉に関する私たちの立場は変わっていない」と前置きし、「日本は南クリール諸島(北方領土)の領有も含めた第二次大戦の結果を無条件で認める必要がある」と強調。「これが平和条約問題の真剣な議論の出発点になる」とした。

 モルグロフ氏は原田親仁・日露関係担当政府代表と平和条約締結交渉を続けているロシア側の担当者。(共同)

このニュースの写真

  • 北方領土の領有容認を要求 平和条約交渉の前提とロシア
  • 北方領土の領有容認を要求 平和条約交渉の前提とロシア

「ニュース」のランキング