産経ニュース

【日露首脳会談】「日ソ共同宣言には、歯舞、色丹の2島がどのような根拠で、誰の主権の下に置かれ、どのような条件で返還するか書かれていない」プーチン大統領会見ポイント

ニュース 国際

記事詳細

更新

【日露首脳会談】
「日ソ共同宣言には、歯舞、色丹の2島がどのような根拠で、誰の主権の下に置かれ、どのような条件で返還するか書かれていない」プーチン大統領会見ポイント

ペルーのリマで記者会見するロシアのプーチン大統領=20日(タス=共同) ペルーのリマで記者会見するロシアのプーチン大統領=20日(タス=共同)

 北方領土問題に関するプーチン大統領の会見ポイントは次の通り。

 一、(安倍晋三首相との)会談で、北方四島での共同の経済、人道面の活動について協議した。

 一、1956年の日ソ共同宣言には、(歯舞、色丹の2島が)どのような根拠で、誰の主権の下に置かれ、どのような条件で返還するか書かれていない。

 一、平和条約がないことが日ロ関係の前進と発展を妨げている。

 一、ロシアも日本も心から平和条約を結びたいと思っているが、簡単な道ではない。

 一、クリール諸島(北方領土と千島列島)は今、ロシアの主権がある領土だ。

 一、(北方四島)全てが交渉の対象だ。(共同)

「ニュース」のランキング