産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


インドで脱線事故、120人死亡

脱線した車両=インド北部ウッタルプラデシュ州カンプール県(ANIテレビ、ロイター) 脱線した車両=インド北部ウッタルプラデシュ州カンプール県(ANIテレビ、ロイター)

 【ニューデリー=岩田智雄】インド北部ウッタルプラデシュ州カンプール県で20日午前3時(日本時間同6時半)ごろ、急行列車が脱線し、PTI通信によると少なくとも120人が死亡、220人以上が負傷した。在インド日本大使館によれば、日本人を含め外国人が死傷したとの情報はない。

 事故は、東部ビハール州パトナと中部マディヤプラデシュ州インドール間を結ぶ路線で発生した。脱線の原因は不明だが、PTIは州当局者の話として、線路に破損が生じていた可能性を指摘した。モディ首相は短文投稿サイト「ツイッター」で、「言葉で言い尽くせないほど苦しい」との声明を出した。

 インドでは列車事故が多発しており、鉄道の近代化が課題となっている。インド政府は西部のムンバイとアーメダバードを結ぶ高速鉄道の建設に日本の新幹線システムを導入し、2018年に着工、23年に開業することを目指している。

このニュースの写真

  • インドで脱線事故、120人死亡
  • インドで脱線事故、120人死亡

「ニュース」のランキング