産経ニュース

旧ソ連モルドバの大統領に親ロシア派ドドン氏 「アフリカ並み給与でEUで暮らせぬ」汚職体質に国民は怒り

ニュース 国際

記事詳細

更新


旧ソ連モルドバの大統領に親ロシア派ドドン氏 「アフリカ並み給与でEUで暮らせぬ」汚職体質に国民は怒り

キシニョフ市内にはドドン氏の大型ポスターが掲げられていた(黒川信雄撮影) キシニョフ市内にはドドン氏の大型ポスターが掲げられていた(黒川信雄撮影)

 欧州最貧国の旧ソ連モルドバで13日、大統領選挙の決選投票が行われ、ロイター通信は同日深夜、親ロシア派の社会党党首、イーゴリ・ドドン氏(41)が親欧米派の「行動と連帯」女性党首、マイア・サンドゥ氏(44)を破り、当選したと報じた。

 中央選管が発表した開票率約99%時点での得票率はドドン氏が53・2%、サンドゥ氏が46・8%。大統領選は10月末に実施されたが、過半数の得票候補がおらず上位2人の決選投票となった。

 ◇ロシアへの接近を主張

 ドドン氏は政治、経済分野でロシアとの幅広い関係回復を提唱する。欧州連合(EU)と2014年に締結した連合協定については破棄を求め、代わりにロシア主導の「ユーラシア経済連合」加盟を主張。当選が決まった14日には、「最初の外遊はモスクワだ。ロシアと戦略的関係を回復させなくてはならない」と強調した。

 モルドバでは実権は首相にあり、大統領権限は形式的とされる。ただ、今回は約20年ぶりの直接選挙で大統領が選ばれており、親露派勢力を勢いづかせるのは確実だ。野党系メディア記者は「他の議員がドドン氏の主張に同調する可能性がある」と指摘した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 旧ソ連モルドバの大統領に親ロシア派ドドン氏 「アフリカ並み給与でEUで暮らせぬ」汚職体質に国民は怒り

「ニュース」のランキング