産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


英国が誇る諜報機関が「世界一難しいクイズ本」を出版

 通信解析やサイバー攻撃への対応を行う英国の通信傍受機関、政府通信本部(GCHQ)がこのほど、クイズやクロスワードなど400問以上を載せた本「GCHQパズルブック」を出版した。各メディアに「世界で最も難解」「全部解くのに数カ月かかる」と紹介され、英国で人気を集めている。

 GCHQは、前身組織が第2次大戦中に、ナチス・ドイツが使用した暗号コード「エニグマ」解読で重要な役割を果たしたことで有名。盗聴疑惑などで批判の的になることも多いが、難解なパズルを公開して頭脳明晰な人材を一般公募することでも知られる。

 10月に出版されたこの本は、過去に使用された暗号コード表なども紹介している。GCHQのハニガン長官は、冷戦が終わった現在も暗号や情報の分析能力はテロ対策などで重宝されると強調。「本が将来、問題解決を担う若者の刺激になってくれたらうれしい」と期待を示した。(共同)

「ニュース」のランキング