産経ニュース

【三井三奈の国際情報ファイル】パリ同時多発テロ1年 警察が「反乱」、オランド政権揺さぶる

ニュース 国際

記事詳細

更新

【三井三奈の国際情報ファイル】
パリ同時多発テロ1年 警察が「反乱」、オランド政権揺さぶる

8日、パリ近郊で抗議デモに参加する警察官の男性ら(ロイター) 8日、パリ近郊で抗議デモに参加する警察官の男性ら(ロイター)

 混乱の背景には、左派政権の看板である「人権重視」とテロ対策の両立の難しさがある。

 同時多発テロで実行犯の大半がアラブ系移民2世だったことから、大統領は事件後、二重国籍者のテロ犯罪者から仏国籍を剥奪する憲法改正案を発表した。ところが、身内である社会党左派から「『国民は平等』という国家理念に反する」という批判が噴出。司法相が抗議辞任するに至り、断念を迫られた。

 政府は交通機関の職員による手荷物検査を可能にしたり、テロ扇動サイトへの恒常的アクセスに禁錮刑を科したりなど複数の新法を成立させたものの、治安当局が強大な監視権限を持つ米英式テロ対策には至らなかった。南仏ニースで84人が死亡した今年7月のトラック突入テロでは、犯人が事前に下見する様子を監視カメラがとらえていたが、危険を把握できなかった。国会で保守系野党が「米国やカナダにならって、監視カメラに生体認証システムを導入し、不審者を察知できるようにすべき」と提案し、政府が「公共の自由への侵害」だとして退けた直後に事件は起きた。

続きを読む

このニュースの写真

  • パリ同時多発テロ1年 警察が「反乱」、オランド政権揺さぶる
  • パリ同時多発テロ1年 警察が「反乱」、オランド政権揺さぶる

「ニュース」のランキング