産経ニュース

台湾の参加認めなかったICPO、総裁に中国の孟氏を選出

ニュース 国際

記事詳細

更新


台湾の参加認めなかったICPO、総裁に中国の孟氏を選出

ICPOの新総裁に選ばれた中国公安省の孟宏偉次官=10日、バリ(AP) ICPOの新総裁に選ばれた中国公安省の孟宏偉次官=10日、バリ(AP)

 インドネシア・バリ島で開かれていた国際刑事警察機構(ICPO)の年次総会は10日、新総裁に中国公安省の孟宏偉次官を選出し、閉幕した。総裁の任期は4年。

 ICPOは事務総長(任期5年)が実務上の責任者だが、総裁1人と副総裁3人、執行委員9人からなる執行委員会が非常設機関となっている。

 今年の総会には、台湾がオブザーバー参加を希望したが認められなかった。5月に台湾独立志向の民主進歩党(民進党)政権が発足した台湾が、国際機関などに参加できないよう中国が圧力を強めているとみられる。孟氏の総裁就任で、ICPO内での中国の発言権や影響力がさらに強まる可能性がある。(共同)

「ニュース」のランキング