産経ニュース

【米大統領にトランプ氏】選挙戦の暴言は戦術? 実は「気配りの人」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【米大統領にトランプ氏】
選挙戦の暴言は戦術? 実は「気配りの人」

米大統領選で勝利宣言を終え、大勢の支持者と言葉を交わす共和党のトランプ氏=9日、ニューヨーク(ゲッティ=共同) 米大統領選で勝利宣言を終え、大勢の支持者と言葉を交わす共和党のトランプ氏=9日、ニューヨーク(ゲッティ=共同)

 昭和63(1988)年に日本のテレビ番組でドナルド・トランプ氏にインタビュー取材した一橋大学非常勤講師の植山周一郎氏(71)=グローバルビジネス論=は、選挙戦での過激な暴言について、「勝つための戦術だったのではないか」と指摘した。

 トランプ氏は取材当時、日米貿易が米国に不利だと言及した上で「(いい条件を設定できる)日本人は米国人より頭がいい。尊敬する」と持ち上げたという。植山氏は「理路整然と主張しつつ、相手の顔を立てる気配りの人」と評価する。

 テレビ中継されたトランプ氏の勝利宣言については、「最初に相手陣営の健闘をたたえるなど、もう大統領然とした余裕を醸し出している。既に好印象を持たれるよう戦略的に気を使っている」と分析した。

 今後、トランプ氏は選挙戦で主張した安全保障への負担増と貿易不均衡の是正を日本に求めるとみられる。植山氏は「過激な主張を押し通すようなことはせず、冷静に落としどころを探ると思う。そのとき、同じ土俵で交渉できる政治家が日本にはいないのではないか」と、したたかな手腕へ危機感を募らせた。

「ニュース」のランキング