産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


ベトナムでジカ熱由来の小頭症 東南アジアで2カ国目

 ベトナム保健当局は30日、中部ダクラク省で、同国で初めてジカ熱の影響とみられる乳児の小頭症が確認されたと明らかにした。国営メディアによると、東南アジアでジカ熱由来とみられる小頭症が確認された国はタイに続き2カ国目。

 国営メディアによると、保健当局は10月中旬、ジカ熱との関係が疑われる4カ月の小頭症の乳児の事例を確認し、乳児と母親(23)の検査を実施。その結果、母親が妊娠中にジカ熱特有の症状を示していたことが判明し、小頭症が母親のジカ熱に起因する可能性が高いと判断した。(共同)

「ニュース」のランキング