産経ニュース

核兵器禁止条約 国連、交渉開始へ決議採択 日本は反対

ニュース 国際

記事詳細

更新


核兵器禁止条約 国連、交渉開始へ決議採択 日本は反対

 【ニューヨーク=上塚真由】国連総会第1委員会(軍縮)は27日、2017年に「核兵器禁止条約」の交渉を開始するとした決議を123カ国の賛成多数で採択した。核保有国の米英仏露のほか、米国の「核の傘」に入る日本など38カ国が反対、16カ国が棄権した。年内に総会本会議で採択され、正式な決議となる見通し。

 決議はオーストリアやメキシコの主導で55カ国以上が共同提案。17年3月と6~7月にニューヨークで会議を開催し、核兵器を禁止する法的文書の制定交渉に入るよう求めているほか、会議は多数決で採択する国連総会の規則で行うとしている。

 日本の佐野利男軍縮大使は「実効的に核軍縮を進めるには、核保有国と非核保有国の協力が必要。国際社会の総意が必要と主張してきたが反映されなかった」と反対に回った理由を述べた。条約交渉に参加するかどうか対応が注目される。

 一方、日本主導の核兵器廃絶決議も27日、167カ国の賛成を得て採択された。同種の決議採択は23年連続。核拡散防止条約(NPT)体制の強化を求めており、米国は賛成したが、中国とロシア、北朝鮮、シリアの4カ国が反対し、英仏など17カ国が棄権した。

「ニュース」のランキング