産経ニュース

【暴言大統領訪中】「私たちの税金をまた大盤振る舞いした」 中国世論、習近平政権の“暴走”に反発 南シナ海問題でドゥテルテ大統領側から譲歩引き出せず

ニュース 国際

記事詳細

更新

【暴言大統領訪中】
「私たちの税金をまた大盤振る舞いした」 中国世論、習近平政権の“暴走”に反発 南シナ海問題でドゥテルテ大統領側から譲歩引き出せず

フィリピンのドゥテルテ大統領 フィリピンのドゥテルテ大統領

 【北京=矢板明夫】フィリピンのドゥテルテ大統領と中国の習近平国家主席の首脳会談を受け、中国外務省が21日に発表した共同声明が中国国内で波紋を広げている。中国が行う経済支援のメニューがずらりと並ぶ一方で、南シナ海問題でフィリピン側から十分な“譲歩”を引き出せなかったと受け止められているためだ。インターネット上には「私たちの税金をまた大盤振る舞いした」といった意見が殺到している。

 共同声明には、中国のフィリピンにおける鉄道建設などのインフラ整備や、中国によるバナナの輸入再開など、貿易や投資の拡大が盛り込まれた。フィリピン側によると、支援規模は総額240億ドル(2兆5000億円)に上る。

 両国が対立する南シナ海問題では2国間での対話を通じた解決が合意され、フィリピンが中国に歩み寄ったと受け止められている。しかし、つい最近までフィリピンに対して経済制裁を行っていただけに、一転して幅広い経済支援が決まったことに、中国では政策転換の早さに反発する声もある。

 習近平政権はアジア、アフリカなどの発展途上国への支援を急増させており、各地で大金をばらまく様子は、海外メディアに「サンタクロースのようだ」と揶揄されたこともあった。

 政府の“暴走”を制限するため、中国国内で知識人を中心に「対外支援法」の制定を求める意見が昨年から出ていた。

「ニュース」のランキング