産経ニュース

【宇宙強国 中国の野心(上)】高まる軍事利用を世界が警戒 軍主導、有人基地に現実味

ニュース 国際

記事詳細

更新

【宇宙強国 中国の野心(上)】
高まる軍事利用を世界が警戒 軍主導、有人基地に現実味

 スペースシャトルの船外でハッブル宇宙望遠鏡の修理にあたる米国の宇宙飛行士たち。折あしくロシアが自国衛星をミサイルで破壊し、その破片が周辺軌道の衛星を破壊する連鎖現象を巻き起こす。シャトルが損壊し帰還手段を失った生き残りの女性飛行士は付近を漂う中国の宇宙ステーション「天宮」に乗り移り、宇宙船「神舟」を切り離して大気圏に突入する-。

 2013年に公開され、米アカデミー賞7部門を総なめにしたハリウッド映画「ゼロ・グラビティ」は、宇宙空間における中国の存在感を世界に印象付けた。

 当時はまだフィクションだった中国独自の宇宙ステーションの存在が、現実味を帯びてきた。

 中国は19日、有人宇宙船「神舟11号」と無人宇宙実験室「天宮2号」のドッキングに成功した。22年ごろの完成を目指す宇宙ステーションの原型ともいえるのが天宮2号だ。

 2人の男性飛行士は過去最長となる30日間の滞在を通じ、健康への影響や貨物輸送技術の確立などステーション運営に向けた具体的な研究を進める。

 宇宙開発を手掛ける中国の国有企業、中国航天科技集団の雷凡培会長によると、同社はすでに宇宙ステーションの部品の製造を始めた。10年前後の使用年数を前提に設計している。日米欧露などが参加する国際宇宙ステーション(ISS)は24年以降の運営計画が定まらず、中国が唯一の宇宙ステーション所有国となる可能性もある。

続きを読む

このニュースの写真

  • 高まる軍事利用を世界が警戒 軍主導、有人基地に現実味
  • 高まる軍事利用を世界が警戒 軍主導、有人基地に現実味
  • 高まる軍事利用を世界が警戒 軍主導、有人基地に現実味
  • 高まる軍事利用を世界が警戒 軍主導、有人基地に現実味
  • 高まる軍事利用を世界が警戒 軍主導、有人基地に現実味
  • 高まる軍事利用を世界が警戒 軍主導、有人基地に現実味
  • 高まる軍事利用を世界が警戒 軍主導、有人基地に現実味
  • 高まる軍事利用を世界が警戒 軍主導、有人基地に現実味

「ニュース」のランキング