産経ニュース

中国軍抑止へ「エネルギー兵器開発が急務」米研究者が提言 北は来年にも核ミサイル実用も

ニュース 国際

記事詳細

更新


中国軍抑止へ「エネルギー兵器開発が急務」米研究者が提言 北は来年にも核ミサイル実用も

 中国の軍事を研究する米国の「国際評価戦略センター」の主任研究員、リチャード・フィッシャー氏が14日、都内で開かれたシンポジウムで講演し、中国が進めている軍事能力強化をめぐり、抑止のためには「(中国に先駆けて)レールガンのような新しいエネルギー兵器をいち早く開発することが重要。ミサイルを迎撃するよりコスト面でも安価だ」と述べた。

 北朝鮮の核開発についても触れ、私見としながら「核ミサイルは来年もしくは2年以内に実用可能になるのではないか」との見方を示した。

「ニュース」のランキング