産経ニュース

台湾は「圧力に屈せず、対抗の道にも戻らない」…蔡英文総統、中国に対話の早期再開呼びかけ 「双十節」で演説

ニュース 国際

記事詳細

更新


台湾は「圧力に屈せず、対抗の道にも戻らない」…蔡英文総統、中国に対話の早期再開呼びかけ 「双十節」で演説

10日、台北市内の総統府前で行われた双十節の記念式典で演説する蔡英文総統(田中靖人撮影) 10日、台北市内の総統府前で行われた双十節の記念式典で演説する蔡英文総統(田中靖人撮影)

 【台北=田中靖人】台湾の蔡英文総統は10日、総統府前で行われた建国記念日に当たる「双十節」の式典で演説し、中国に対話の早期再開を呼びかけた。

 蔡氏は5月の就任演説で述べた中台関係の「現状維持」を改めて説明した上で、「新四不(新たな4つのノー)」と呼ばれる「(有権者への)約束は変わらず、(中国への)善意は変わらないが、圧力の下に屈服せず、古い対抗の道にも戻らない」との方針を強調。中国に対し「(台湾当局が名乗る)中華民国が存在する事実を正視し、台湾人民の民主制度への信念を正視せよ」と訴えた。さらに、対話の早期再開により「両岸の差異をウィン・ウィンの未来に共に導こう」と呼びかけた。

 式典のパレードでは、軍の後方支援用の装備や消防車など「災害救助」を主題に編成。戦車やミサイルなどの兵器は登場せず、中国への刺激を避ける配慮を示した。

 式典には野党、中国国民党から馬英九前総統と呉敦義前副総統が出席したが、洪秀柱主席や立法委員(国会議員に相当)らは欠席した。また、政権側は病気療養のため仮釈放された民進党の陳水扁元総統にも招待状を発送。陳氏側は出席を申請したが、司法当局は健康への影響や「公開の活動」であることを理由に認めなかった。

 海外からは、日本の衆参両院議員24人を含む約210人が参加した。

このニュースの写真

  • 台湾は「圧力に屈せず、対抗の道にも戻らない」…蔡英文総統、中国に対話の早期再開呼びかけ 「双十節」で演説
  • 台湾は「圧力に屈せず、対抗の道にも戻らない」…蔡英文総統、中国に対話の早期再開呼びかけ 「双十節」で演説

「ニュース」のランキング