産経ニュース

ポーランド映画の巨匠、アンジェイ・ワイダ監督死去 「灰とダイヤモンド」「鉄の男」

ニュース 国際

記事詳細

更新


ポーランド映画の巨匠、アンジェイ・ワイダ監督死去 「灰とダイヤモンド」「鉄の男」

アンジェイ・ワイダ氏(ロイター) アンジェイ・ワイダ氏(ロイター)

 【デュッセルドルフ(ドイツ西部)=宮下日出男】ポーランド映画の巨匠で世界的に著名なアンジェイ・ワイダ監督が9日、死去した。90歳だった。ポーランド・メディアが伝えた。肺不全だったとされる。1996年には第8回高松宮殿下記念世界文化賞(演劇・映像部門)を受賞した。

 第二次世界大戦中の対独レジスタンスの体験を基にしたデビュー作品「世代」(1954年)、ワルシャワ蜂起に敗れて死に行く若者らを描いた「地下水道」(56年)、ポーランド共産党幹部を狙う若き暗殺者を扱う「灰とダイヤモンド」(58年)は「抵抗三部作」として知られ、監督としての国際的評価を獲得した。

 「大理石の男」(77年)は共産体制下の矛盾を映し出し、81年の「鉄の男」はポーランド民主化の原動力となった自主管理労組「連帯」の運動を取り上げ、カンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールを受賞。戒厳令で映画人協会会長の職を追われるなど、共産党体制の弾圧を受けながらも創作活動を続けた。

 1926年、ポーランド北東部スヴァウキ生まれ。10代半ばで対独レジスタンス運動に参加。戦後、南部の古都クラクフで見た浮世絵に触発されて絵画を学ぶが、その後、国立映画大学演出科に入学して演出を習得し、映画監督を志した。親日家としても知られ、クラクフにある「日本美術・技術センター」の創設にも尽力した。

「ニュース」のランキング