産経ニュース

【米大統領選】肝いりの「オバマケア」への批判が再燃 クリントン元大統領「世界で最もクレージー」 トランプ氏にとって格好の攻撃材料に

ニュース 国際

記事詳細

更新

【米大統領選】
肝いりの「オバマケア」への批判が再燃 クリントン元大統領「世界で最もクレージー」 トランプ氏にとって格好の攻撃材料に

妻であるヒラリー・クリントン元国務長官の応援のため、演説するビル・クリントン元大統領=3日、ミシガン州フリントのノースバンク・センター(AP) 妻であるヒラリー・クリントン元国務長官の応援のため、演説するビル・クリントン元大統領=3日、ミシガン州フリントのノースバンク・センター(AP)

 【ワシントン=小雲規生】オバマ米大統領の政治的遺産(レガシー)の筆頭格とされる医療保険制度改革(オバマケア)への批判が、思わぬ形で再燃している。大統領選の民主党候補、ヒラリー・クリントン氏の夫、ビル・クリントン元大統領がオバマケアについて、「世界で最もクレージー(まともではない)な出来事だ」と述べたためだ。共和党候補のドナルド・トランプ氏はオバマ氏の失政を元大統領が認めたとして、格好の攻撃材料にしている。

 元大統領は3日のミシガン州での演説で、オバマケアで不利益を被ったのは「(低所得者に支給される)補助金を受け取るためにはほんの少しだけ収入が多い中小企業経営者や個人だ」と言及。オバマケア導入後に保険料が大幅に値上がりしたことにも触れ、中間層へのしわ寄せの大きさを激しい言葉で問題視した。

 これを受け、トランプ氏は4日のアリゾナ州での演説で、「クリントン元大統領がオバマケアの真実について話した」と述べ、オバマケアを廃止して別の制度を導入するとの公約を改めて主張。5日のネバダ州での演説では、「クリントン氏はオバマケアを後押ししたことを謝罪すべきだ」とたたみかけた。

 元大統領は4日のオハイオ州での演説では、オバマケアの問題点を認めつつも「支持している」と釈明。クリントン陣営も、「元大統領は少し説明不足だったが、オバマケアに改善が必要なことはオバマ氏も含めた全ての人にとって明らかだ」との声明を発表、事態の沈静化に努めている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 肝いりの「オバマケア」への批判が再燃 クリントン元大統領「世界で最もクレージー」 トランプ氏にとって格好の攻撃材料に
  • 肝いりの「オバマケア」への批判が再燃 クリントン元大統領「世界で最もクレージー」 トランプ氏にとって格好の攻撃材料に
  • 肝いりの「オバマケア」への批判が再燃 クリントン元大統領「世界で最もクレージー」 トランプ氏にとって格好の攻撃材料に
  • 肝いりの「オバマケア」への批判が再燃 クリントン元大統領「世界で最もクレージー」 トランプ氏にとって格好の攻撃材料に
  • 肝いりの「オバマケア」への批判が再燃 クリントン元大統領「世界で最もクレージー」 トランプ氏にとって格好の攻撃材料に

「ニュース」のランキング