産経ニュース

ロシア、ついに水上原発の工事着手 世界初、北極圏で19年稼働

ニュース 国際

記事詳細

更新


ロシア、ついに水上原発の工事着手 世界初、北極圏で19年稼働

 ロシアの国営企業ロスエネルゴアトムは4日、北極圏のチュコト自治管区ペベクで、世界初の水上浮揚型原発の設置工事に着手したと発表した。2019年秋の稼働を目指しているという。

 原発は「アカデミク・ロモノソフ」と名付けられ、出力は最大7万キロワット。ソ連時代に同自治管区ビリビノに建設した小型原発を置き換える目的があり、今年7月からサンクトペテルブルクで設置のための試験が行われている。(共同)

「ニュース」のランキング