産経ニュース

サムスン、今度は洗濯機が「破裂」の恐れ 「家全体が揺れる」異常な振動 それでも機種名公表せず

ニュース 国際

記事詳細

更新


サムスン、今度は洗濯機が「破裂」の恐れ 「家全体が揺れる」異常な振動 それでも機種名公表せず

 【ワシントン=小雲規生】韓国サムスン電子が米国で販売した縦型洗濯機が異常な振動を起こし、利用者がけがをする恐れがあることが分かった。同社が29日までにウェブサイトで明らかにした。米メディアによると、「家全体が揺れる」ような大きな振動が起きたり、洗濯機がバラバラになるケースも出ているという。

 同社によると、2011年3月から16年4月までに製造された縦型洗濯機で防水性の高いものや寝具などを洗った場合、まれに異常な振動が起きるケースがみつかっている。同社は利用者のけがにつながる可能性があるとして、こうしたものを洗う場合は低回転の設定で洗うように呼びかけている。

 米紙USAトゥデーによると、洗濯を始めた数分後に家全体が揺れるような振動が起きたり、洗濯機が横倒しになったり、洗濯機がバラバラになったりするケースが報告されている。シーツ1枚といった少量の洗濯をしている最中に問題が起きることもあるという。

 サムスンは米消費者製品安全委員会(CPSC)と協議しており、リコール(無料の回収・修理)につながる可能性がある。同社は問題が起きている洗濯機の機種名などを明らかにしていないが、同社のウェブサイトに製造番号を入力すれば問題が懸念される洗濯機かどうかを判別できるとしている。

 サムスン製品を巡っては最新スマートフォン「ギャラクシーノート7」のバッテリーが発火する欠陥が見つかり、米国などで大規模リコールが実施されている。

 

「ニュース」のランキング